入れ歯FALSE TEETH

当院の入れ歯治療

ご自身にピッタリの入れ歯を選びましょう

これから入れ歯を装着する方、すでに入れ歯を装着していて違和感がある方はお気軽にご相談ください。
入れ歯をしたら硬い物が噛めなくなる、入れ歯が気になり人前で笑えない、と入れ歯に抵抗のある方もいらっしゃると思います。
入れ歯には保険適用、保険適用外のさまざまな種類があり、機能面、審美面で優れたものも多くあります。
まずはしっかりと口腔内の状態を確認した上で、それぞれの特徴をご説明しますので安心してご相談ください。
入れ歯の種類は、患者さまご自身で選択していただけます。

オーダーメイドの入れ歯でより快適に

患者さま一人ひとりのお口に合わせたオーダーメイドの入れ歯を作成しています。
違和感がなく、ご自身にぴったりと合う入れ歯を装着することで、より快適な生活を送ることができます。入れ歯が合わないなど不満に思うことがあればお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

レジン床義歯

保険適用の入れ歯です。人口歯、床(歯ぐきの部分)の素材が、レジン(樹脂)のみでできた入れ歯です。部分入れ歯の場合は、金属のクラスプ(留め具)が必要で、入れ歯の装着が目立ちます。床に一定の厚みが必要なため、装着時の違和感や、食べ物の味や温度がわかりづらいといったデメリットがあります。

〇メリット
  • ・保険適用のため安価で作製が可能
  • ・破損した場合も修理が容易
×デメリット
  • ・長期間使用すると、変色する可能性がある
  • ・臭いや汚れを吸着しやすい
  • ・装着時に違和感がある
  • ・食べ物の味や温度がわかりづらい

金属床義歯

歯肉に触れる部分が金属素材でできた総入れ歯。レジン床義歯より薄く作ることができ、装着時の違和感がほとんどありません。熱が伝わりやすく、食べ物の味や温度がわかるため、食事をより楽しむことができます。

〇メリット
  • ・装着時に違和感がほとんどない
  • ・食べ物の味や温度がわかる
  • ・本来の歯に近い、見た目と機能性
×デメリット
  • ・保険適用外のため費用負担が大きい

ノンクラスプデンチャー

金属のクラスプ(留め具)がない部分入れ歯。歯を固定するための装置、床部分がやわらかい素材でできており、入れ歯を装着しているように見えないのが特長です。

〇メリット
  • ・装着時に違和感がほとんどない
  • ・本来の歯に近い、見た目と機能性
  • ・金属アレルギーの心配がない
×デメリット
  • ・保険適用外のため費用負担が大きい

インプラントオーバーデンチャー

2~4本のインプラントを埋入して、維持装置が埋め込まれた総入れ歯を固定する方法です。インプラントに必要な検査、手術を行った後、入れ歯を作製して装着します。

〇メリット
  • ・入れ歯が安定して、しっかり噛むことができる
  • ・入れ歯自体をコンパクトに作れる
  • ・清掃しやすく清潔な状態を保てる
×デメリット
  • ・保険適用外のため費用負担が大きい
  • ・外科手術を受ける必要がある

費用

ノンクラスプデンチャー/スマイルデンチャー片顎 100,000円
ノンクラスプデンチャー/スマイルデンチャー両側 170,000円
ノンクラスプデンチャー/スマイルデンチャー金属床 350,000円

※費用は全て税抜き表記です。